2018年11月1日(木) & 2日(金)、よりぬき古本市2018 開催! 

次に読む人の顔が浮かぶような本が、たくさん並んでいる。

このオフィスの誰かが薦める本なら、読んでみようかな?
そうやって、本を、知を、発見を、楽しみを、ぐるぐるまわそう。

どんどん、ぐるぐるまわしていくと、私も、あなたも、あの人も、日本も、世界も、
もっともっとHAPPYになる(かも)。

さぁ、一緒に。楽しい循環を、始めよう。

【よりぬき古本市2018秋 in 汐留電通 開催情報】

日時:2018年11月1日(木)& 12日(金) 17:00〜19:00
会場:電通本社ビル2階 アドカフェ前特設会場
交通:JR新橋駅徒歩10分、大江戸線汐留駅5分
地図:https://goo.gl/maps/wrpGiqStAvQ2
Web:http://www.furuhonichi.com/
動画:https://youtu.be/Zcnl8NUlp0s

よりぬき古本市とは?

「よりぬき古本市」とは、本が大好きな人々による、本が大好きな人のための社会貢献活動です。
よりぬき古本市は1994年、電通社内で廃棄される本をリサイクルできないかと各部署の有志が「古本市の会」を立ち上げたのが始まりです。
本は1冊100円以上で販売し、売上金と寄付金は毎年、会の支援テーマである「子ども・教育・災害」にのっとったNGO、NPOに寄付しており、今までで延べ27回、1250万円以上に上ります。
2018年から電通古本市が、社内の本のリサイクルから「知り合いにおすすめできる本」を本集めのコンセプトにリニューアル。
汐留に関連をお持ちの多くの人が、セレンディピティ的に本や人と出会えるイベントとして開催します。
皆さまのご参加を心よりお待ちしています!